大きな私の小さなQuilt Life

~10年後の私へ綴る Dairy~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フランスキルト便り: アルザスの旅編  

今日は昨日の続き!!


昨日、今日のお話がわかりやすいように、フランスマップをミシンで書いたんよ~(爆)

参考になるとうれしいです!!


アルザスはドイツとの国境にある地方で、ライン川をはさんでこっちはフランス、

あっちはドイツで、ドイツとフランスの文化が入り混じったフランスでも独特な地方なんだって~。

IMG_2032-001_20140605212902895.jpg

この度、ヴィシーにお住まいのテルマルさんは、ハイキング同好会のツアーで、

アルザスを訪れたそうですが、毎日15kmくらい一週間ひたすら歩く歩くツア~。しぇー!!

アルザスは白ワインの産地で、ちょうど新緑の季節で、ぶどう畑が地平線まで続くような

美しい風景だったそうです。


P1230489.jpg


地元のおじちゃんおばちゃんとずーっと一緒で、おまけにずーっとフランス語で

さすがに少し疲れたそうですが・・・・

P1230441.jpg


フランス人の考え方や、行動様式など色いろ経験できて、なかなか楽しかったとのこと。  


P1230476.jpg


この地方は木組みの家々が並ぶ村が点在し、絵葉書のような美しい世界なんだって!! 

P1230498.jpg

まじ素敵~。  

P1230344.jpg

アルザスってさ、宮崎駿監督のハウルの動く城のモデルになった地域なんだってねー。

こんな素敵な木組みのおうちを見てると納得じゃね~。

P1230355_20140605224312170.jpg

余談じゃけど、我が家も真ん中の家とまったく同じような、水色にしたつもりなんじゃけど

グレーに見えるという事実(爆)


楽しい旅から帰られて、クリスマスキルトをつくられたんじゃね~。


今はさくらんぼの収穫シーズンでご自宅の庭でこんなに沢山収穫。 おいしそう~。

P1230617 (1)



色鮮やかで 美味しそうな画像でお別れです~。



テルマルさん、楽しいご報告をありがとうございました~。



地図の下絵を書きながら、フランスは遠いけど、いつかはみなさんの元へいってみたいな~と

思いをはせました。  


しかし、フランスの3色はほんとにいいお色。  何をしても絵になるな~。

なんか九州みたいじゃね。



テルマルさん、フランスのみなさんお元気で~   ごきげんよう~。









   

category: フランスキルト便り

tb: --   cm: 4

フランスキルト便り: アルザスの思い出キルト  

今日は朝から雨。 いきなりの梅雨入りです。

先日、フランスのテルマルさんから、うれしいお便りが届いたので、ご紹介させてくださいね~~。


5月にドイツとの国境近くのアルザス地方の、リボーヴィレという町ををたずね、

ボーヴィレ(Beauville)という、布工場に寄られたそうです。


(アルザスの町並みかな?? 虹がでてるよ~。)P1230092.jpg


そこは、フランスでも、最高級のテーブルクロスやリネン類を200年も前から作り続けている有名な工場。

こちらに訪れることをとっても楽しみにしてたんだって~。(なんかわくわくする感じがわかるな~。)

そこでは、迷いに迷って(すごく高いので)、テーブルクロスを購入し、端切れが詰まったスクラップをゲット。

P1230603.jpg


その布たちがとても上質で地厚なので、ミシンでぬうしかないな~と眺めながら、

先日公開した生徒さんの、アラウンドザ・ワールドを思い出し、これだと思ったそうです!!

クリスマスカラーで、初めてオールミシンでチャレンジしてみましたと、うれしいお便りを頂きました。

テルマルさん作
P1230623.jpg


いつも、フランスから私のブログを楽しみに見てくださってるそうですが・・・・

ミシンは対岸のものだな~と感じていたそうです。  が、先日の生徒さんの作品たちを見て、

とても刺激を受けて下さり、即チャレンジしてみたくなったそうです!!


P1230627.jpg

オールミシンは初めてだったけど、トラブルなく出来上がり、とても楽しかったです~と、

書かれていて私までぶちうれしくなりました~。  素敵なクリスマスキルトじゃね~。

P1230625.jpg



何より、テルマルさんがミシンを楽しんで下さったことがうれしい。 直線が縫えるミシンさえれば、

色んなことが楽しめるので、フランスのお仲間と、これからも時々ミシンを楽しんでもらいたいです。


そして、Tokiさんの リユースキルト に→ いたく感銘してくださり、

日本から持ってきた息子さんのYシャツを眺めては、自分にTokiさんのような勇気があるか

自問自答しているそうですよ~。 

P1230619.jpg


テルマルさん、これぶちいい色合いじゃけ~ぜひぜひ!!  

クッションも2個できるよ(笑)     気長にいかがですか~。



上記のキルトは、さすがにミシンでは出来ないので、ハンドで頑張ってくれるそうです。

出来上がったら、また教えてくださいね~。




次回はテルマルさんに、アルザスの素敵な風景写真をたくさん送って頂いたので、

よかったらフランスの風と空気を一緒に感じて下さいね~。



あ~今日もカープが負けた。 おもんない。


おやすみちゃんみ~ん。

category: フランスキルト便り

tb: --   cm: 4

フランスからキルトが届きました (2)  

おはようございまーす!!

昨日のカープの試合。ドラフト1位の大瀬良君のプロ初勝利。いい試合じゃったね~。

ヒーローインタビュー第一声 「ぶち最高で~す」 

さわやかな好青年。今後の活躍が楽しみじゃ~~。



さて、前回の続きで~す。


それぞれの無地布の上には、シンプルで清楚な装飾が施してあります。


ど真ん中 この素敵なブロックを中央に、大きなサークルがレースで・・・・

IMG_1663.jpg

ところどころ、ANNIEの頭文字 Aの素敵な装飾がありました。


IMG_1676.jpg


こちらは、クロスステッチ~。

IMG_1681.jpg

そしてこちらも繊細です。

もともとの装飾に、多分Aの文字を刺繡してくれたんじゃないかと・・・

IMG_1682-001.jpg

テルマルさんも古いレース類が大好きで沢山お持ちだとのこと。

見ればみるほど、昔の人たちの手仕事に感動。

小さな穴からのぞくお色がなんとも爽やか~。


IMG_1670.jpg


あ~でもない こーでもないと、集まりのたびに楽しみながら作ってくださったそうです。

ちょうどテルマルさんがお引越しでお忙しい時期だったので、

左から、元校長先生のピエレットさん、盆栽キルトをつくられたアニックさんが

中心になって作業を進めてくださったそうです。


よく見ると、この頃はまだお洋服も半そでで・・・

P1210151.jpg

出来上がる頃は長袖に・・・

中央は多分、あのミニミニ雪景色を製作された、旅人イザベルさん??

P1210614.jpg

季節をまたいで何ヶ月もかけて作ってくださった事がお写真から伺えます。

ほんとにほんとにありがとうございました。


IMG_1677.jpg

テルマルさんから、ぼちぼち仕上がっていく様子、平和な午後の のんびりとした時間や、

みんなが真摯に取り組んだ様子が伝わればと、沢山のお写真を頂きました。

IMG_1680.jpg


フランスの皆さんの心温まる素敵な作品を、永遠にここに残したいと思います。


IMG_1683.jpg


頂いたこのキルトは去年にはできあがっていたそうですが・・・・

IMG_1606.jpg


ブログから垣間見れる、最近の私の活動とスタイルが違いすぎるな~と送るのをためらったと

書いてありましたが、 このキルトを見たときの感動、お手紙を読んだり

製作過程を拝見すると、アニックさん達が、「絶対annieさんが喜んでくれる」と

断言されたように、ほんとうにうれしくて、お宝キルトになりました。



フランスのお姉さま方、このたびは本当にありがとうございました。 大切にします!!




今ね フランスのお姉さま方が、楽しく遊びながら作れるような

面白いものがないか物色中です~~。  宿題のプレゼント~~。 まっとってね。


キルトを通じて、小さな交流がこれからも続きますように・・・・






そしていつかはおフランスのパリではなく、ヴィシーのみなさんの元へ

もともとのご縁をくれた、友達のはりーさんと遊びに行きたい!! 壮大な夢!!


いつかかなえるぞ~~。 



ではでは、長い長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございました。


楽しい一日を。  ごきげんよう~~。(今さらながらこの言葉いいね~)

category: フランスキルト便り

tb: --   cm: 10

フランスからキルトが届きました (1)  

こんばんは~。

今回の記事は超長くなりそうなので 2回にわけてご紹介したいと思いま~す。

よろしかったらお付き合いくださいね~。


早いものでもう随分前の話になりますが、2012年の作品展のために

ジャクソンスター企画を立ち上げ、2年に渡ってブログで経過をご報告してきました。



海のものとも山のものともわからん私の企画に 大勢の方が参加してくださり、

とてもうれしかったことがついこの間のことのようです。


ブログの右側カテゴリーの、Jスター関連で一連の様子がご覧になれます。


この企画、結構大変だったんじゃけど(笑)日本各地のキルターさんだけでなく、

フランスのキルト仲間ともお知り合いになることが出来、私に沢山のキルト仲間を

プレゼントしてくれました。



フランス在住の日本人のテルマルさんを介して、今もなお小さな文化交流が

ありがたいことに続いています。




このJスター企画にご参加いただいた皆様に、ささやかなお礼として、USAパネル布を

プレゼントさせていただいたのですが・・・


IMG_5587-002.jpg


なんとその布でフランスのみなさんが、私にキルトを届けよう企画、 

「アニープロジェクト」を作って、数ヶ月かけてキルトを作ってくださったそうです。

P1190848.jpg



(日本に来る前のお写真)
P1130772 (2)

包みを開けた途端、見覚えのある布で出来たキルトが目に入って、ぶちびっくりしたんだけど

添えてあるお手紙を読みながら、皆さんのお顔を思いだし、キルトを改めて拝見すると

その手仕事に フランスのみなさんの温かい愛情や友情を感じ感動がどんどん増して、

とてもうれしく幸せな気持ちになりました。



私がぶち驚いたのは、このパネル布が切り離されていたからなんですが・・・

P1190850.jpg


それは、このように間に、このパネル布に見合う無地布をセレクトし、

装飾をくわえる為だったとしって感動しました。


そのひとつひとつが素敵なんよ~。

IMG_1663.jpg

きっとアンティーク好きの私ために、みなさんの大切なコレクト品を

このキルトのなかに、さりげなく使ってくださっったんじゃないかと・・・・



レースやビーズに刺繡・・・・



IMG_1586.jpg


次回、フランスのみなさんの心のこもった優しい手仕事をアップで


ご紹介したいと思うのでまた見てくださいね~~。


こんな使いかたがあるんだ~と、このキルトを生で見たみなさんが素敵~~と


感動してくれました。  素敵のおすそ分け~~。






今日は息子の19回目の誕生日でした。

だいちゃんお誕生日おめでとう!!




おやすみちゃんみーん!!

category: フランスキルト便り

tb: --   cm: 8

フランスキルト便り・・・ 県・定例会 「食べ物」編  

おはようございまーす。

朝からサンサン!! 今日も暑そうじゃ~。


さて、先日の続きでーす。


今日はフランスの皆様のパッチワーク定例会の長~~い一日を、食べ物を追いながら

のぞいてみたいと思います。記事も長いけ、おなかいっぱいになるよ~~(笑)


朝の9時ごろから始まる定例会は、参加費 6ユーロ (800円くらい)

昼食は 全員一品持ち寄り。 約100名の一品って・・・


キッチン係の方に料理を手渡し、完成作品を持参した人は展示スペースに展示。

年、数回おとずれる皆さんの貴重な発表の場だそうです。


(これは昨年の様子)

image001.jpg

そしてブリオッシュとコーヒーの軽い朝食!!

P1180959 (800x535)

フランスでは朝からの集まりは、しばしば朝ごはん付らしいです~。おもてなしの精神。


これを食べながら、挨拶やおしゃべりに花がさくそうです~。


まあ あなたのお帽子なんて素敵なの~???って感じかな・・・・

テルマルさん作・・・カチューシャを利用して

P1180955.jpg



全員そろったかな~というところで、会長さんのご挨拶で、長い一日の始まり始まり。

全員で小物作り~。 今回はフェルト小物作り。


P1180968 (800x535)


その時々でパターン作りや、刺し子などの、ちょっとした新しいテクニックを

学ぶ貴重な場でもあるそうです。


この時点ではまだお帽子をかぶってる方が多いね。ちらちら目に入る緑と黄色。

P1180969 (800x535)


みんなの集中力が切れるお昼前に、25周年を記念して、会の歴史等のお話があり、

歴代の会長さんに花束贈呈~。パリからわざわざ駆けつけてくださった方も・・・

楽しそうな雰囲気が伝わってくるようですね~。 マダムヤ~ン。

P1180973 (800x535)


そしていざ。昼食じゃ~~。  100人の一品もちより~。

お弁当という発想はフランス人にはないそうで・・・

はじめの頃はどんなものが並ぶのか、テルマルさんも興味津々だったんだって!!


甘くないケーキ、パイ・・・主にキッシュ、サラダ、ハム、ローストチキン、

ロースとポークなどなど並ぶそうですよ~~。  

P1180979 (800x535)


日本だったら・・巻き寿司、おいなりさん、おむすびは絶対じゃね。それにおかず類。

ところ変わればこうも違うものか!!


お皿や、ナイフ、フォーク コップなどは各自持参。

パンとお水、ワインなのどの飲み物は会が準備。

なんと ワインは飲み放題 さすがフランス!!

ワイン飲んでちくちく出来るんかね~~?いや ワイン飲まんかったらできんのんかも。


おっまた、お帽子をかぶる方が増えたのか・・・気になるな~緑と黄色(笑)

P1180983 (800x535)


テルマルさんは、ポテトサラダを持参。 フランスではポテトサラダは珍しいらしく

人気があるそうです。 今までかぼちゃの煮物、厚焼き玉子、お抹茶のロールケーキなどは

好評だったそうですよ~。


そして、チーズ・・・

P1180993 (800x535)

フランスではチーズは、食後の後、甘いデザートとの間にだされるそうです。

もちろんワインと共にいただくんだって~~。

レストランでは、食時の後、チーズにしますか?甘いデザートにしますか?って聞かれるそうです。

私だったら即、甘いデザートで!!


この後、デザート。

デザートのないお食事なんて考えられないフランス人。その後にコーヒー。

この食事が終わるのが,昼の2時半から3時 しぇ~~。

」はフランスの大切な文化・・・というのが納得!!



食後はお腹いっぱいだし、ワインは飲んでるわ~~で、ダレダレで作業とのこと(爆)

いや~想像つくわ。みんな車の運転大丈夫なんかな~・・・そっちが心配!!


このタイミングで、展示してあるキルトをゆっくり見て回ったり

お買い物タイムだったり・・・・「食後の腹ごなし」タイム。

P1170139 (800x531)-001
 

皆さんがゆっくり鑑賞された頃に、役員さんから作品のご紹介~。

P1190011 (800x535)

自作のキルトについて一言を求められることも多いそうです。

私たちと違って、皆さん積極的らしいです~~。


こちらの田舎では、著作権や、オリジナリティうんぬんは、なかなかむつかしい現状らしく、

「手芸を通しておおいに人生をエンジョイする」って感じらしいです。

それは、日本でも同じかもしれませんね~。


この25周年の記念の会に、皆さんのJスターの冬景色が並ぶ予定でしたが、

忘れた~~と聞いたときは、テルマルさんは絶句したそうです(笑)


日頃オリジナリティとは無縁・・・・という彼女たちが、いざ作られた冬景色キルト。

それはそれは私たちもおどろいたよね。 素晴らしい表現力で!!

テルマル隊長作

DSCN4844.jpg

ピエレットさん作
DSCN4842.jpg

イザベルさん作
DSCN4836.jpg

アニックさん作
DSCN4843.jpg


この素晴らしいミニキルト、次回はぜひ皆さんに見ていただきたいですね~~。


今こうして思うと・・・このキルトたち、個々の発想や技術も素晴らしいけど、

このチームをまとめ上げた、テルマルさんの力ってすごいね~~。


フランスの方って、どちらかといと、あれもこれもと足算なんだって~~。

引き算の出来る日本人は素晴らしいって、外に出て感じるとおっしゃってました。

偶然コシノジュンコさんもテレビで言ってたわ~。 ゼミでも・・・・ 



知らず知らずのうちに、染み付いてる日本人ならではの感性。大事にしたいね~。

きっとうまいこと引き算されるようにアドバイスされたんだろうな。

いや、自分は自分のフランスの方。人の意見は気にしないかな????



話はそれましたが・・・・


今回はなかったそうですが、いつもは宿題で決まったパターンを縫ってくるそうで、

会の最後にくじを引き何人かの当選者が決まるそうです。

P1190565 (800x535)

テルマルさんが以前あたったパターン。あと一息。 



ようやくそろそろ帰ろうか~~になるんだって~(笑)

家に着く頃は夕方の6時ごろ。 くたくたの一日らしいです。そりゃなるわ。


しかし・・・・ほんと、フランスの皆様楽しみ上手。

日本でも、いろんなところで、お勉強会等がひらかれるけど・・・

まじめじゃもんね~~。かたいというか・・・



私ちょっとフランス人に憧れるわ~~。 参加してみたい。

ほいじゃが仮装はちょっと・・・やっぱ日本人でええか!!

patch 2013 021



最後になりましたが、テルマルさんより、


日本のキルターの皆様に、「フランスのキルター」のことを知っていただく

機会が出来てとってもうれしかったとありました。


私も・・・・私たちもとってもうれしいです。

テルマルさんのおかげでフランスが身近に感じます。

本当に貴重なレポートをありがとうございました。心から感謝したします。



願わくば、テルマルさんブログして~~。

テルマルさんご夫婦が住んでみたいと思った、ヴィシー。

フランス文化をもっと知りたいannieでした~。



長い長い記事を最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


どなた様も楽しい休日を!!





いつもありがとうございます♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

category: フランスキルト便り

tb: --   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。