大きな私の小さなQuilt Life

~10年後の私へ綴る Dairy~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2015 Nov. 東京 映画 foujita と MOMAT藤田嗣治コレクション  


11月の東京行きは、待ちに待った レオナールフジタ画伯の映画 foujita が公開されるとあって

いつも以上にルンルンで上京しました。



また同時期に東京国立近代美術館にて MOMAT 藤田嗣治 全所蔵作品展 も開催中ということで、

まずは映画の前に、まだ自分の目で見たことのない画伯の絵画をみようと美術館へ直行!!





今回の展では絵画だけでなく、画伯が手がけた多くの挿絵が見れるとあってそちらも楽しみでした。



そして戦後70年という節目の年に、戦争画12点も展示されていました。 


戦争と画家。   


戦争画を描いた事によって、後に大きく人生が変った画伯の作品を目のあたりにして、

なんとも心が重苦しく複雑な思いで鑑賞しました。   


その他、本やネットでしか見たことのなかった絵にもやっと会えることができました。

生の絵はすごいにつきる。

本物から放たれるエネルギーや迫力、繊細な筆使い…

改めて画伯の絵が好きだな~と感じて美術館を後にしました。   


遙々足を運んでよかった!! 



その後は、藤田ゼミでお友達になったCOCOちゃんと待ち合わせて映画を鑑賞。



いや~超楽しみだったけど、不覚にも何度もうとうと(汗)

画伯愛が強いので、私からみた画伯像と小栗監督の画伯像が違いすぎて、想像した映画とかけ離れていました。  


画伯のことを知らない人が見たら、話がわからんだろうな~というのが正直な感想です。

広島でも上映されると知り、内容がよかったらもう一回観ようかと思ったけどパス!!

私の中の画伯像でとどめておきます。





映画を観た後は、とみママさんと合流して、三人でお食事しながらおしゃべり~。

この日は中身の濃い一日でした。


翌日は QUILTERS STUDIO のお授業。

今、私は レオナールフジタ画伯の絵をオマージュした作品を手がけています。

東京へ学びに行くたびに少しづつですが、光が見えてきて前進します。



バタバタした中、毎月の上京は厳しい時もありますが、お授業で得られる沢山の知識や、

沢山の物を見て感じて創作エネルギーに変えていきたいでーす。




さ、今月のノルマを頑張りま~す。


明日は久しぶりのオフです。


色んな物を手放します。 バイバイ~。







スポンサーサイト

category: イベント&芸術鑑賞

tb: --   cm: 3

Studio Le Cain 作品展 : WS参加してきました  

友人の作品展がはじまりました~~。

東京から帰って、ダッシュでいってきました~。



今年は 観る 聴く 体験できる作品展というコンセプトで、素敵な世界が作り上げられていました~。




メインのトールペイント作品や、シルクスレッドアートという絹の糸で作る日本発のホビー作品も沢山。

Yumi-Masaki 作品



美しい彼女がチラッと写り込んでる~~。



友人のシルクスレッドアート作品や生徒さんの作品がいっぱい!!



その他協賛出品の、地元産業の大竹和紙で作られた作品とか ガラス食器とか…

沢山のアート・クラフト作品を友人が監修してデイスプレイ!!


見所満載でした。




私は 体験コーナーで タッセル作って帰りました~。



好きな糸を自由に選んで~ということで、私はこの糸をセレクト。



こんなボリューミーなタッセル作ってきたよ。 楽しかった~。



このお花も 大竹和紙で作られています。  

大竹は和紙つくりで有名どころでしたが、時代の流れと共にすたれていきました。

主人のおばあちゃんも 大竹和紙の紙すきをしていたと聞いたことがあります。


こちらのウエディングドレスやバッグは その大竹和紙を使ってつくられています。



ハラダヨウコ さんの作品です。  




それから お気に入りの生徒さんのシルクスレッドアート作品。

あのワンちゃん ナイスアイデア!!  





会場でであった生徒さんは、ミニツリー作りを体験してました。

私のタッセルと一緒にパチリ^ ^



そしてライブペインティングを楽しみにしていましたが、時間がなくてみれなくて残念でした。



でも今日も 11時からと15時から あるそうです。  

たくさんのワークショップも 明日まで体験できます~。




お近くの皆さん いかがですか~???



詳しくは 友人のブログで!!  → Studio Le Cain


懐かしい場所での素敵な作品展を拝見して、私も頑張ろう~と 沢山刺激をもらってかえりました。



さ、今日私はスーちゃん作るよ~~。  バイバイ!!

category: イベント&芸術鑑賞

tb: --   cm: 0

Studio Le Cain 作品展のお知らせ  

友人が主宰する作品展が地元美術館で19日~22日まで開催されます。


第9回目となる今回の作品展は、各種のワークショップのほかにミュージックライブや

ライブ中にペイントしていくライブペインティングも開催されるそうです。



盛りだくさんで今からわくわくです。


メインのトールペイントの作品ほか、日本発の新しいホビー シルクスレッドアートほか

ガラス作品やフラワー等の協賛出品も多種多様で楽しみです。







生徒さん 今期は地元開催なので、ぜひぜひ 足を運んでワークショップを受けてみられませんか??

面白そうなワークショップが一杯ですよ~。




ますますパワフルに活躍される 正木友美 さん 


作品展おめでとうございます。  ご成功を心よりお祈りいたします。


詳しくは彼女のブログで確認できます → Studio Le Cain




話変わって 歯茎を大きく切開した治療あとが痛くて痛くて・・・・・

こぶとり爺さんのような腫れはひいてきたけど、痛みはなかなか治まりません。

1週間はこんな痛みが続くと聞いていたので、覚悟はしてたけどそろそろ1週間。


痛みから解放されたーい。 

category: イベント&芸術鑑賞

tb: --   cm: 0

京都ぶらぶら美術博物館巡り  

おはようございます。

久しぶりに我が家に普通の日曜日がもどってきました。


さて前回の続き。

ハワイからいったん我が家に帰り、再度大阪へ行きました。

どうせいくなら、「 そうだ京都いこう 」 と どこかで聞いたフレーズを思い出し いざ京都へ!!

20何年ぶりの京都は、記憶の中の京都駅の風景はどこにもなかったでーす。



京都では、琳派400年を記念して、色んな展を催されていると、お授業で聞いていました。



琳派という言葉にはじめて触れたのは数年前の藤田ゼミ。

当時、琳派やバウハウスやetc...自分の生活圏の中で聞いたことのない単語の数々に

なになに??なんじゃらほい??と興味津々で、ゼミの授業が楽しくてわくわくしました。 懐かしいです。


授業で何度も何度も聞いた琳派を、一同に自分の目でみる機会はもうないだろうと

滞在時間を考慮してスマホとにらめっこ。 行った日は土曜。



朝一番の京都国立博物館のツイッターをみたら待ち時間240分!!

いや~なめておりました。


私がどうしても行きたかったのが、京都国立近代美術館と京都国立博物館と二条城。

国立博物館から行くと、それしかみれない可能性があったので、絶対はずせない近代美術館を先に行きました。



平安神宮のそばなんじゃね~~。

いや~この展は最高でした。


何が最高って、あそこで受けた感動は言葉では伝えられん。 



ものづくり、作品作りとはこれだよ~と、琳派をイメージして作られた数々のオリジナル作品に

いたく感動して本物見ずに帰ってもいいと思ったくらいです。



それでもいやいや本物を見なくてどうすると意を決して120分待ちの列に並んだけど

実際には40分くらいだったかな~。



いろんな展を見てきたけど、今まで一番の人ごみ。 作品なんてゆっくりじっくりみれません。

もっと離れてみたかったな~。



それでも本物の力は半端ない。本物がみれてよかった。

当時琳派はアバンギャルドだったんだね~。

国立博物館では、仏像に魅せられ何度も仏像コーナーをうろちょろ。

わざわざ足を運んだ甲斐がありました。


二条城へはタイムアウトでいけませんでした。 

個人的に大好きな二条城はいつか京都の友達にゆっくり案内してもらおう~。



京都はいいですね~。  ほっとする。 ほっとするけど外国人だらけ。

なんかハワイのほうが日本人が多かったような・・・・



その後、娘たちのいる りんくうタウンにもどり、娘とアウトレットへ行ったり

美味しい物をたくさん食べて、まだ退院できない婿を残し帰ってきました。





色々あった10月末でしたが、おかげでハワイと京都まで行くことがました(笑)

京都国立近代美術館へ行ったおかげで、目の前が明るくなりました。

より自分らしい作品をデザインする勇気をもらった気がします。 婿に感謝しなくては!!




作品つくり頑張ろう~。  って こんなことかいてないで宿題しなはれ~。   またね~。







category: イベント&芸術鑑賞

tb: --   cm: 4

2015 Jul. 東京 展めぐりと読書  

おはようございます。

今朝もまた雨。なかなか梅雨が明けません。

 

7月の学びは 台風が留守中に西日本に上陸する予報が出て、上京するかしないか

散々悩みましたが、台風も大したことなく無事に行って帰ってきました~~。 

でも1便でもずれてたら 行けなかったので超ついてました!!

fc2blog_20150722083605c06.jpg


そんな7月の学び。  

悩みながらも作っていった物で、方向性がつかめたので前進できそうです。

二つほど自分に課題と目標を設けてますが、 東京の藤田スクールに行くモチベーションがないと

絶対に進めない。 もうや~めたと とっくに あきらめてると思う。




最近は学びの日が近づくにつれ、1ヶ月という日数の使い方の悪さに自己嫌悪に陥りますが

絶対にこの2点を作り上げて、自分越えするぞ~と帰ってくることができました。


そして時間の許す限り 色んなところを巡って目の保養をしてきました。


まずは 渋谷文化村の エリックサティ 展

私の大好きなモンパルナスやモンマルトル。

レオナールフジタ画伯を通して知った著名人が一杯出てきて興味津々。

fc2blog_2015072109411097e.jpg


余談だけど フジタ画伯が描いたこのキャバレーのポスター。 初めて見た時、ここは どんなところなんじゃろ~と

食い入って見ましたが、この展で他の画家が描いたムーランル-ジュで、その様子が垣間見ることが出来ました。 

fc2blog_20150722083201c2a.jpg

やっぱりこの時代のフランスは熱い時代だったね~。

もっとゆっくり見たかったけど用事があって足早に鑑賞しました。 

わずかでも見ることができてよかったです。 





そして翌日は一人行動なので、まずは浅草橋で買い物を済ませて、歌舞伎座へ。

fc2blog_20150721094207727.jpg


海老蔵さん見るぞ~と思って行ったけど、希望の午前中のチケットは完売。


しかたないので雨の降る中、歌舞伎座から銀座まで歩いてギャラリーめぐり。

歩いた歩いた。 しかも途中反対方向歩いてるのに気付いて・・・・雨が降って来てまたびしょぬれ。 


リクルートギャラリー、銀座グラフィックギャラリー、資生堂ギャラリーを巡ってきました。

fc2blog_20150721094251c6d.jpg


沢山のものを見て自分の目と心に焼き付けて財産にしたいと思います。


個人的に資生堂ギャラリーの現代アートが好きでした。

fc2blog_20150721094359105.jpg


それから、東京駅に向かい楽しみにしていた鴨居玲 画伯の展へ。

東京ステーションギャラリーって独特の雰囲気があっていいね~。

fc2blog_20150721094445773.jpg


赤や緑のあの色使い 空気感 肌で感じることができてよかったです。

やっぱり生 生の迫力半端ない!!


この後、上野の東京芸術大学美術館に行く予定でしたが、この展の感動が薄まりそうでやめました。

予定を変えて丸の内のKITTEで本をかって 又吉君のおめでたい受賞作 火花をまったり読んだ~(笑)

fc2blog_20150721094554965.jpg



途中 オケツが痛くなってきたので、 エスカレーターの側のソファーに座ってギリギリまでよんで空港へ。



空港で続きを読んで、なんと読みきりました。

家に帰ると、調べ物で沢山本は開けど、小説を読む時間は皆無なので、久しぶりに小説を

読みきって、本はいいな~と読書の楽しさを思い出したのでした。


火花・・・  又吉君がどんな小説をかくのか 興味本位でかったけど、

あの先輩がどうなるのか引き込まれて一気に読んじゃいました。



本離れした主婦が読んだだけでも、若い人たちが関心をもつだけでも、

又吉君の功績は素晴らしいね。



又吉くんおめでとうございます!!


本はやはりめくるもの。 めくるという感覚が好きです。


生徒さんで読みたい人がいたら貸してあげますよ~。  




さ、次の東京行きまで2ヶ月。 あの浅草寺近くのホテルもとれたし気合入れなおして頑張ります。

category: イベント&芸術鑑賞

tb: --   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。